尼崎東
ロータリークラブ

Amagasaki Higasi
 Rotary  Club

住所:尼崎市昭和南通り3−1尼崎松本ビル3F
電話:06−6411−1200
Fax:06−6411−4340
e-Mail:amerc@hera.eonet.ne.jp
http//amagasaki-east.rc.com.
トップページ クラブ概要 会長挨拶 委員会構成 同好会活動
年間プログラム 週報 リンク お問い合わせ サイトマップ

会長挨拶

2018-2019年度

活  動  方  針

「変 化 か ら 継 続 へ」 

                                  会長 西川一正

尼崎東ロータリークラブ(以下 当クラブ)は今年で45年目を迎えることになりました。
1974年25名のチャーターメンバーで発足したクラブは、1991−1993年の

67名の会員を擁するクラブになりましたが、その後少し減少が続き、現在45名の会員構成に
なっております。

振り返って45年を見るに、社会も大きく変遷してきました。高度成長期が終わり安定成長期に入り、やがてインターネットバブルと呼ばれる時代を経て、少子高齢化の今日が始まり、当クラブも次世代
を見据えて、クラブ活性化と会員増強を推し進める時代に入りました。

一方で、時代と社会の変化に合わせ、国際ロータリーも2002年のDLP採用で
 「ロータリー第2世紀への体制強化」を標榜し、2004年のクラブリーダーシップ・
プラン
 (以下 CLP)の採用により、活性化と公共イメージアップを目指し、大きく
変化を遂げようとしております。

本年度の国際ロータリー、バリー・ラシン会長はテーマとして

「BE THE INSPIRATION」(インスピレーションになろう)

を発表されました。その意は

   「創造的なことをするために精神的に刺激されるプロセス。前進への活力と

なるロータリアン、或いはクラブとなろう」と理解します。

更に国際ロータリー2680地区 矢野宗司ガバナーは、

「変化(CHANGE)を恐れず、変化をリードし、新たな機会(CHANCE)と捉え

挑戦(CHALLENGE)して行く」

という行動指針を表明されています。
当クラブも、2006年からRI規定審議会の度に先輩会員の長年の御努力により、「CLP体制」への
検討が行われて参りました。

そして今、その第一歩を踏み出すことになりました。

 今年度は、「変化から継続へ」を活動方針として

  1.情報収集・発信として地区セミナー等への積極参加とホームページの充実
2.  地域・地区の社会的ニーズの調査と、その具体策と持続性の検討
3.  コミュニケーションを深めるためのMyRotaryへの登録推進
4.  増強と活性化に向けて、会員の純増・研修の充実
5.  手書き文化の継承として、「年賀はがきコンクール事業」

を進めて参りたいと思います。

これから1年、会員皆様のご支援・ご鞭撻のほど宜しくお願いします。