韓国語同好会
代表 喜多 敬

5年ほど前にソウル城東クラブからお見えになったとき、姉妹クラブ関係を長く続けてきているが城東クラブでは日本語を話す会員がいるが、そろそろ尼崎東クラブでも韓国語を話す会員がおられたらいいのに、と云われました。このことに意を決し、私は毎週土曜日に大阪生野区猪飼野にある韓国語教室に通い始めました。 文法の入門から始め、初級、中級、上級と1年半かけて一応の勉強をしました。しかし文法が終わっても会話はチンプンカンプンだめでした。それで更に梅田にある会話専門の教室にも通いました。そして韓国語はコツを覚えれば日本語と共通点が多く以外に簡単なことがわかりました。そこで我がクラブの会員有志の賛同を得て私が先生役で毎例会終了後に1時間の勉強会を持ちました。それが6ヶ月も続いたころもっと本格的に勉強しようと会員の紹介で、韓国人の先生から勉強することになり今日まで3年続いています。 当初から松岡会員、山中会員、宝谷会員、森本会員が楽しく勉強されています。 事実、姉妹クラブとの交流ということで英語以上に実際的で使用頻度が高く役に立っています。勉強始める以前はただ形式的なおつきあいで腰が引けていましたが、私たちが相手国の言葉を勉強しようとクラブの例会終了後に1時間半ばかり勉強していることを、城東クラブ会員からは異口同音に賞賛的評価をしていただいています。この度の新入会員の参加を歓迎します。近くて遠い国と言われる関係の相互理解向上と親善のためソウルや済州島、プサンでおいしい韓国料理を味わいながらロータリーライフを楽しみましょう。
 

  

韓国語同好会の風景